ファン感謝デー パチンコ 2014

ファン感謝デー パチンコ 2014

静かに歩み寄りそれを拾って丁寧に畳むと、ネアは白い霊廟を装飾する彫刻のある窪みに置いておいた

そして、一度深く頭を下げる

あなたも好きかも:パチンコ シルヴィー 卒業
「ジーク、あの薔薇を有難うございました

…………例えこれが悪夢に過ぎないのだとしても」(…………あの夜、)考えかけてその思考をぱたりと閉ざす

ここは悪夢の中なので、変に足を取られるような回想は止めよう

言葉を切って頭を上げると、少しの覚悟を決めて先程ジークが見ていた方を眺めた

風に乗って聞こえてくる子供の笑う声に、胸が潰れそうになる

あなたも好きかも:福島区 パチンコ店
(あれは、ユーリが入院する前に行ったピクニックだった)ピクニックとは言え家の斜め前の公園に行っただけだが、久し振りに過ごす治療以外の時間に、小さな弟は大はしゃぎだった

ネアは、疲労が抵抗力の低下に繋がると知っていたのでずっと冷や冷やしていたが、あの時にはもう、両親は小さな弟が二度と家には帰れないと知っていたのだ

短い命をより短くしても、最後に幸せな思い出を作ってやろうとしたのだろう

「………あの日は、よりにもよって揚羽蝶がいたのです

そのせいでユーリは大喜びで、私はあの子に無理をさせた蝶が大嫌いになりました」約束通りの印をくれたのだから、多分ネアの魔物は側にいるので、そう声に出して呟く

あなたも好きかも:やすだ スロット
だからネアは、黒い蝶の精霊をいつも容赦なく狩りに行くのだ

そう考えて小さく微笑んだところで、がしりと腕を掴まれた

ほっとして胸を撫で下ろす

「ディノ、…………じゃない?!」やっと魔物が来てくれたのかとぱっと笑顔で振り返ったネアが見たのは、見慣れた方ではない魔物であった

「ネア、墓地なんて、悪夢の定説としては最悪のところにいるな」「…………ウィリアムさん」「核を持たせていて良かった