オンカジ

オンカジ

 作品を小説投稿サイトに投稿してください

 たったそれだけで多くの潜在的な読み手を確保できます

 たとえば最大手の『小説家になろう』では現在126万アカウントを突破していますから、単純に考えれば126万人が潜在的な読み手です

 ですが、実際にあなたが作品を投稿しても、閲覧数(PV)は二桁くらいで止まり、ブックマークも評価も付かないということがたくさん起こります

 なぜでしょうか

あなたも好きかも:バカラ なぜ 負ける
 単純に「あなたにはまだ小説を書く才能がない」というわけでもありません

 実のところ小説投稿サイトは「開催している小説賞や新人賞への応募作を読むためにアカウントを取得している人がほとんど」だからです

 だから多くのタイアップ企画を抱えている『小説家になろう』が小説投稿サイトの最大手であり続けます

あなたも好きかも:パチンコ 絶対やめる
 対して『ピクシブ文芸』には現在「開催している小説賞や新人賞」といったタイアップ企画がまったくありません

 つまり読み手がどの小説を読めばよいのか、霞(かすみ)の中にいるようなものです

 その点、二次創作の『pixiv小説』は、人気作の二次創作小説が数多く投稿されており、好きな作品の二次創作を無料で読めるため好評を博しています

あなたも好きかも:鬼切り オンラインゲーム 評価
 だから現在は『ピクシブ文芸』に投稿するよりも、『pixiv小説』で人気作の二次創作を書いたほうがよいでしょう

 これまで開かれた公式の企画は『ピクシブ文芸大賞』だけで、それも締め切りからすでに一年以上が過ぎてしまっています

 このまま「小説賞・新人賞」といったタイアップ企画が開かれなければ、『ピクシブ文芸』の先行きは不透明だと言わざるをえません

(2019年7月現在も開かれていません)

小説の正しい知識「小説を書く」ことを「努力」する気になりました

「努力」するためには「正しい知識」が必要です