エピフォン カジノ シリアル

エピフォン カジノ シリアル

本当の話らしい

「……タジマ、外に出ないか

女達を巻き込んで殺すのは惜しい

 おじさんもそれで良いですね」小柄な男は頷いた

二人は部屋のテラスへと出ると、翼を出して庭園へと飛び出して行った

あなたも好きかも:吉宗 スロット 新台 天井
二人の姿が消えると、廊下から美射がコソコソと出てきて俺の背中に飛び乗る

あなたも好きかも:ビデオポーカー 必勝法
「連れて行けと……」「うん

あなたも好きかも:パチンコ 店長 本音
この物理体じゃ、三階から飛び降りたら骨折しちゃうからね」「顔、見せ無い方がいいんじゃないのか」「そんなことはございませんよー

いきなり戦闘が開始される可能性が 二十三パーセントあったから、退避していただけですよー」「その身体を守ってただけなんだな」「そういうこと

巻き込まれたら瞬く間に散り散りにされちゃうからねぇ

 チュウ州を但馬と旅した身体ですしー

そりゃ大事ですよ」一人でウンウン頷く美射に呆れながらテラスから顔を出して「入り口から出て行くから待っとけー!!」と間抜けなことを告げてから、素早く階段を降りて一階の入り口へと駆けて行く

「……優しいなあ

一緒に飛び降りたら、私の身体が痛むかもと思ったんでしょ」強く抱きしめてくる美射に「いや、誰を背負ってても同じことするわ……」と脱力して返しながら、エロメイド服を着ている驚くメイドたちを避けながら玄関の扉を開けて、西洋風の庭園へと出て行く

「よく整備されてんな……噴水まであるぞ」芝生が敷かれた庭園の中心部の何も置かれて居ない広場では、クルクルと槍を回して準備運動しているディルクと、静かに佇む小柄な男が待っている

美射を背負ったまま、近づいていくと、ディルクは顔を顰めながら「それは反則では無いか?」と俺の背中の美射を指差す

リングリングだと見抜いたようだ

美射は背中から降りながら「そっちも二体一で、襲いかかろうとしてるでしょ?」と言い返す