ブラックジャック ナレーション

ブラックジャック ナレーション

「先に舞地さんの家に行った方が近いのかな

私、はっきりと場所覚えてないんだけど」「いいんですか」「ええ、構わないですよ」 お父さんは鷹揚に頷き、頭を下げた池上さんに向かって手を上げた

「俺に聞いてくれ……」 やるせないため息を付いて車を走らせるケイ

 そう言えば、この子が運転してるんだった

あなたも好きかも:大学院 パチンコ データ
 いいじゃない、人から頼りにされて

あなたも好きかも:パチンコ 潰せ コロナ
  こき使われてるとも言い換えられるけれど

 という訳で、舞地さん達とお父さん達を送り届けた私達

  後は寮でお土産を配って、私も家に戻るだけだ

 「疲れた」と言い残し、ケイは自分の部屋に

 車を運転しただけじゃない

 しかも半分以上は、オートドライブで

 なってないな、あの子は

  一度北海道くらいまで、一人で走れば良いんだ

 バイクなら平気でやれるんだから

「おーい」 インターフォンを押し、のんきに呼び出す

 ……出てここない

 何やってるんだろ

 いないはずはないんだけど

「おーいって」 ドアを叩き、さらに呼び出す