スロット 出 玉

スロット 出 玉

悠理を守って、生涯を終えたんだ

《サイド:近藤悠理》…し、慎吾?「ねえ…っ

あなたも好きかも:広尾町 北海道 パチンコ
ちょっと、待ってよ…っ!」こんなの…嘘でしょ?無駄に元気で、無駄にしぶとくて、どれだけの攻撃を受けても諦めないのが、あんたの唯一の取り柄なんでしょ!それなのに

あなたも好きかも:パチスロまどマギa
それなのに、どうしてこんなところで倒れちゃうのよっ!「慎吾っ!?ねえ、慎吾ってばっ!!」何度も呼び掛けてみたけれど

慎吾はもう目覚めなかったわ

私を守って、最期まで私を想い続けてくれた慎吾の呼吸は止まってしまって、今ではもう心臓さえも止まっていたのよ

「ねえ、嘘…でしょ…っ?」慎吾の体から温もりが消えていく

最期まで私を想い続けてくれた笑顔も失われて、ただ静かに流れる血液だけが慎吾の最期を物語っているわ

「ねえっ!?何をやってるのよ、慎吾っ!勝手に死なないでよっ!私を守るんでしょ!?そう決めたんでしょ!?だったら起きなさいよっ!!こんな所で倒れてないで…ちゃんと私を守りなさいよっ!!」必死に訴えてみる想い

あなたも好きかも:ミズホ スロット 機種
だけど私の想いはもう…慎吾には届かないみたい

「慎吾ぉ

やっぱりあんたは一番の馬鹿よ…

こんな私を守って死ぬなんて…ホントに、馬鹿よ…っ」慎吾が死んでしまった…

雨宮さんに続いて、慎吾まで命を落としてしまったのよ

私を守る為に…大切な人が死んでいったの

「…こんな私が好きだなんて…