ブラックジャック 小蓮

ブラックジャック 小蓮

 だが、さすがにこの状況になってしまえばそんなことも言っていられない

 そもそも考助が確認していたときでも、普通であれば王国の騎士が介入してくるようなレベルなのだ

あなたも好きかも:前橋 スロット専門
 それが今になっても騎士団が介入してこないのは、支部があるのが城壁の外側だということと、実害がまだ出ていないためである

 さらにいえば、騎士団が介入してくるような事態になれば、下手をすれば支部の運営に口を出してくる可能性もある

 今回起こっている冒険者同士の争いが、扇動されているとはいえ、転移門の扱いに関してなのだ

あなたも好きかも:カジノ 称号 グラブル
 幾らクラウンが不介入を貫いていても、街で騒ぎが起こるのは困るということを口実に介入してくることは、普通にあり得るだろう

 クラウンとしては、騎士団の介入は何としても避けたい事態なのである

 側近から話を聞いたハイノは、現場には向かわずに自分の執務室へと向かった

 用があるのは、さらにその先にある支部長しか入ることの出来ない個室だ

「あ、あの、支部長どちらへ?」 執務室に向かっているのを察した側近がそう聞いてきた

「執務室だ

そこでやることがある

あなたも好きかも:パチンコ 依存 心理
お前は、クラウンの冒険者たちに争いをやめて建物の中に入るように伝えておけ」「は? はっ!」 既にお互いの状態はかなり緊迫したものになっている

 一方が建物の中に入っただけで収まるわけがないと側近は思ったのだが、ハイノに何か手があるのだろうと素直に指示に従った

 それを確認したハイノは、歩みを速めて執務室からさらに奥の部屋に入り、目的のものを起動した