鹿島田 パチンコ屋

鹿島田 パチンコ屋

「それだけ情報が集まれば充分だろ? ほら行くぞ」「うーん……しょうがないですねぇ」 不満そうに頭をかきながら、ヘレンに引きずられながら、店を後にした

「申し訳ありませんでした、殿下

……台本はおそらく明日にはできると思うので、そちらの都合のつく時間に来て下さい」「わかった……」 本来なら長話には慣れっこのはずのハイドラスですら、疲れを見せるのはおそらく彼女の話す勢いだろう

あなたも好きかも:スロット 5000枚 機種
 人によっては話すだけでも疲れる人っているからね

 ロイドは泊まっている宿とお世話になる劇場の場所のメモを渡すと、その場を後にした

あなたも好きかも:パチンコ 海物語 沖縄3
「つ、疲れたな……」「は、はい……」 返事する気力すら湧かない

 この後、俺は殿下を探していた馬車に拾われて、学生寮へと戻ったのだった

「僕にはどちらかなんて選べないっ!そんなことはできないんだっ!」常磐沙織と常磐成美

あなたも好きかも:バカラ クリスマス 2016
二人の女性を思い浮かべる御堂は選択肢そのものを拒絶してから精霊に対して剣を構えた

「選ぶことなんて出来はしない!!沙織への想いを捨てるなんて出来ないし!成美ちゃんのためになんて言い訳もしたくないんだっ!!」沙織への想いを抱いたまま自らの道を歩みだす

「僕は僕の想いを貫き通す!!」沙織への想いを断ち切らずに常磐成美を守ること

その信念を貫き通そうとする御堂は沙織の姿を持つ精霊と戦う覚悟を宣言した

「精霊を破壊する!!僕は沙織を傷つけたくないけれど、今ここにいるのは沙織じゃないんだ!ただの…精霊でしかないっ!」目の前の存在をただの精霊だと思い込むことで沙織の存在を否定してみせる

だが、その決断こそが竜崎雪の示した方向性に違いない

「それでは常磐沙織さんを消し去るんですね?」「ち、違うっ!目の前の精霊を破壊するだけだっ!!」「………

」言い方を変えて自分自身の心をごまかそうとする御堂だが、やるべきことはどちらも同じだ

「どう表現するかは貴方の自由です

ですが、目の前の現実は何も変わりませんよ?」常磐沙織の体を傷つけるという行為そのものはどちらも同じだからな