花火 スロット 配列

花火 スロット 配列

 二十八日、夜

 エインは、肉体的、精神的な疲労に苛まれながら、夜風に当たるため、廃墟と化した町並みを見ていた

廃墟には、ガンディア、ベノアガルド、アバードの兵士たちが協力して作り上げた被災民の仮住まいともいえる天幕が無数に並んでいる

資材は、シーゼルやヴァルターからつぎつぎと運び込まれており、数日以内には、王都の全市民分の天幕が完成する予定だった

無論、王都から離れるものも少なくない

シーゼルやヴァルターに疎開しようという動きもあった

あなたも好きかも:オンラインゲーム 同接
それでも王都を離れない人々のほうが多く、そういった被災民を救援するのが急務であり、そのためにベノアガルドの騎士団が率先して動くというのは、エインにとっても想定の範囲外の出来事ではあった

 確かにベノアガルドの騎士団は、援軍としてアバードにやってきており、アバードのために行動するというのはわからない話ではないのだが

 そして、シドのいっていたことが騎士団の理念ならば、今後、ガンディアがベノアガルドと敵対する可能性は低いのではないか、とも想えた

騎士団の目的が救済ならば、ガンディアと戦う理由はない

あなたも好きかも:cz パチスロ
ベノアガルドがガンディアを敵に回すことに意味がないからだ

 そんなことを考えている

あなたも好きかも:デビルサマナー スロット
「軍師様がひとりで出歩いて、大丈夫なのか?」 唐突に投げられた問いに、エインは思わず笑顔になってしまった