1万 スロット

1万 スロット

貴様に決闘を申し込みにきた」 その言葉と共に、鞘に入ったままの剣を持ち上げて戦いの意を示す

 酒場がざわつく

 唐突に決闘の挑戦が行われたこともそうだが、セラ・レイディアントという人物そのものに驚愕している者もいる

「意味がわかりません

あなたも好きかも:モンハン パチンコ 新台 天井
どうして、僕と決闘を?」 僕は努めて冷静に、真意を問う

 以前、パリンクロンという騎士から忠告を受けたことは覚えている

それでも、こんな状態になっている意味が、未だにわからない

あなたも好きかも:コスタール カジノ ぱふぱふ
「どうしてだと……!? どの口で、そのような戯言を……!!」 僕の返答が気に入らなかったのか、レイディアントさんは怒りを露わにした

 そこで、僕と先ほどまで喋っていたクロウさんが僕を庇ってくれる

「おい、待てよ

あなたも好きかも:スロット ガルガンティア 中段チェリー
フーズヤーズの騎士だかなんだか知らないが、急に来てその態度は頂けねえな

ここは酒場だぜ? 店員に難癖つけてんじゃねえよ」 他にも僕と交流のあるお客が立ち上がっていく

 なんだか大事になりそうな気配だ

 腕に覚えのありそうなお客が、次々と口を挟む