パチンコ 止め打ち ボタン

パチンコ 止め打ち ボタン

しかしその反応は微妙なところでかなりのんびりとしている

あなたも好きかも:6 枚 交換
本来なら何か危険なことでもあり得るのかもと危惧して焦るべきなのだが、公也が特に大きく動いていないからか、あるいはウィタがいたせいで同類、ホムンクルスの関係者としてみられたのか

公也が無傷、特に苦労もなく研究者たちの元に来ているのも理由の一つかもしれない

ホムンクルスたちが全滅させられているなど彼らは思っていないのだろう

彼ら自身ホムンクルスの強さは理解している

さらに言えば白い人造魔も施設の守りとして存在しているのである

それが完全に殲滅させられたとは思っていないだろう

「……まあ、なんにしても」 公也が研究者たちを見据え、腕を振るう

「知識は貰っていく」 その場にいた研究者たちの頭部が、全員の頭部が消えた

「……終わったっすか? うわ、血が」「これは酷いのですね」「まあしかたない

確殺するために頭部を狙ったからな」 正確にはその知識を得るため、も理由ではあるが、それは同時に確実に相手を殺すためでもある

あなたも好きかも:オンラインカジノ 注意点
頭部無しで生きて居られる生命はそうはいないだろう