ぱちんこ 浦安

ぱちんこ 浦安

Bloggerの推奨事項:

  • ハルル パチンコ
  • ミルキーバー
  • fallout new vegas 評価
  • オアシス パチスロ
  • 餃子 の 王将 豊橋
  • あなたも好きかも:ギアス スロット 設定差
    ヴュルテンベルク軍の衛生列車(炊事車) これら「衛生専用列車」に備えられたベッドは特別製で、列車の振動を出来るだけ相殺するような仕掛けが施されていました

    これで長距離の移送困難と思われた重症患者(特に外科的施術が必要となっていた患者や術後患者)も独本土まで帰還させることが可能となったのです

     この列車内には冬季暖房(ストーブ)が施され、軍医と看護兵は独立した「医務車」で治療を行い、休息用の「寝台車」で休みます

    薬品棚も設えた「薬局車」もあり、手術専用の車両も連結されていました(もちろん停車時のみ使用します)

    あなたも好きかも:パチンコ 店員 エロい
    給養には炊事車が連結され、連結された車両は走行中も相互通行可能なように連結部に渡り板が付けられており、列車一編成で最大200床のベッドが設けられたのでした

     準備が後手に回っていた北独連邦(普軍)では慌ててこの仕様に沿った列車9編成を用意します

    その最初の一編成が走り出したのは9月、バーデン大公国も遅れて11月から衛生列車運行を開始しますが、北独の列車全てが定期運行を確立した時には年明け1月になっていました

     それまでは民間人による特別志願救護団体(赤十字とはまた別の組織です)が用意した列車20編成が患者輸送を担い、列車では同団体委員や民間人医師が指揮を執っていました

     北独の列車手配は普王国鉄道省が行い、その装備は一部が政府から、一部が民間有志の寄付により用意されました

     この北独衛生専用列車では現場最先任軍医が指揮を執りますが、南独三ヶ国の列車では非衛生士官か医務系の文官、時には民間医師が指揮を執っていました

     これら医療列車には通常軍医と数名の看護兵が同乗しますが、その他の看護人は全て特別志願救護団体から派遣されたボランティアでした

    衛生専用車両(病床が揺れ緩和のため吊り下げられているのに注意) 普仏戦争中、鉄道により独本土へ無事搬送した患者の総数は240,426名と北独連邦常備軍の総数を越えていました

    この内衛生専用列車で搬送された重症患者は36,426名で、運行回数は延べ164回を数えたのです

    あなたも好きかも:聖闘士星矢 スロット スペシャル
    ☆ 予備病院 前線包帯所から野戦病院へ搬送され、高度な治療を要すると診断されたり長期加療を要すると診断されたりした患者は後方へ送致されますが、その際まず受け入れるのは予備病院でした

     予備病院は平時から計画され、陸軍省指導の下、地方州の官憲によって準備されており、ヴァイセンブルク、スピシュラン、ヴルトの三会戦で生じた負傷者を全て受け入れてもなお余裕がありました

     また、平時における軍経営病院は全てこの予備病院となりますが、これは主に補充兵と出征前の後備諸団隊で発生した患者を収容しました