ドラクエ6 カジノ 町

ドラクエ6 カジノ 町

恐らくは拡大期に入り始めている

まだS級にまではならんだろうが、ダンジョン自体が活性化しているようだ」「なんと……しかし、それに気付けない我らが未熟ということではありますな」 そう返すラオンではあったが、治療している風音の顔色は晴れない

あなたも好きかも:4 の つく 日 スロット 東京
「おかしいな

あなたも好きかも:スロット 花 の 慶次 これ より 我ら 修羅 に 入る
ある程度は治ってるはずなのに、回復しない?」「あ、ああ

すみません

今の我々は……もう、かなり弱っておりまして……何かしらの病か呪いを」 ラオンの言葉を聞いて全員の表情が強ばる

そして、その原因に心当たりのあった風音が口を開いた

「呪いって……もしかしてラオンさんたち、第七十階層に行ったの?」「は、はあ……そうです

奇妙な場所に入りまして……その」「まさか、他の連中は全滅したのかよ!?」 ライルの言葉にラオンは首を横に振る

「いえ……ですが、もう動けない状況で、備蓄はあるので残して……まだ症状の軽い我々が、地上に……助けを、ハァ」 その言葉を聞きながら、風音はとあるものを目撃する

あなたも好きかも:コードギアス スロット 糞台
「ラオンさん、あれ何?」 転げた鞄の中から、何かの結晶体が出ていたのだ

それに対して風音のスキル『直感』が警告を発していた

「その……七十階層で発見したのです

よく分からないが、結晶体のようで

何かしらのヒントにでもなれば……と」 それを風音は鑑定メガネをかけて観測する

 フューチャーズウォーエリアのものは過去にも存在していたために鑑定メガネでもどういったものかを調べることは可能らしいと風音は聞いていた

そして、そこに表示されていたのは……名称:イシュタリアの呪力結晶体(仮)レア度:C効果:ダンジョン内での特殊地域でかかる呪いの発生源と思われる結晶体

※当アイテムは指定監視対象品です