ラグランジェ パチスロ

ラグランジェ パチスロ

それこそ召喚武装だが、並大抵の召喚武装ではいけない

なにせ、相手はシルフィードフェザーの影なのだ

能力としては、シルフィードフェザーに勝るとも劣らないと考えておくべきだ

「頑張って」 半笑いで応援してきたシルフィードフェザーに対し、ルウファは、憮然とした

シルフィードフェザーの本心がどこにあるのか、未だ掴めないところがある

ルウファに対して優しかったり、どうでもよさげだったり、辛辣だったり、そのときそのときでまったく態度が違うのだ

あなたも好きかも:パチンコ 回収日 カレンダー 2020
 まるで天候のように気まぐれで、自分勝手だ

 そんなシルフィードフェザーを嫌いになれないのは、結局のところ、長い付き合いだから、なのだろうか

(相性の問題かも) 考えていると、影法師が動いた

 黒い影そのものの体から翼が生えると、羽撃き、空高く浮かび上がったのだ

(だと想ったよ) ルウファは、呪文の詠唱を続けながら、影法師との戦いが激しい空中戦になるという想像が当たったことを喜びもしなかった

翼型召喚武装シルフィードフェザーの本体、その影なのだ

空中での戦いになるのは、当然であり、道理といってもいい

あなたも好きかも:下高井戸 スロット
「武装召喚」 だからこそ、ルウファはその召喚武装を呼び出そうとしていたのだし、実際に召喚して見せたのだ

 マリク神より受け継いだ漆黒の翼レイヴンズフェザー

 それは、彼の背中から生えると、彼を一瞬にして影法師の頭上へと移動させた

 超加速