ヤマサ スロット アプリ

ヤマサ スロット アプリ

中央から末端まで、目が完全に行き届くことなどありえない

あなたも好きかも:ff14 討伐 ルーレット 解放
故に末端に行けば行くほど、地方に行けば行くほど、帝国法が護られておらず、無法地帯と化しやすい

特に帝国成立初期から中期にかけてはそうであったらしく、政府の目が届かないことをいいことにやりたいほうだいやっていた役人も少なくはなかったようだ

故に帝国は領土を七つの方面に分け、細分化していくことで、役人たちが政府の目を盗んで私腹を肥やしたり、市民を虐げたりすることのないように監視の目を強めていったのだ

“雲の門”の最盛期はそうなる以前の帝国であり、そう考えれば、帝国全土に勢力を誇っていたというのも案外誇張ではないのかもしれない

“雲の門”がそれだけの規模を誇った組織であったため、組織の構成員に男女の別はなかったそうだ

男でも女でも、覚悟さえあれば組織に入ることが許された

あなたも好きかも:パチスロ 今日 も 負け
技術は後から身につくものであり、必要なのは、捕まったとしても組織のことを口にせず、死ぬ覚悟だった

それさえあれば、だれでも組織の一員になれたというのだ

故に、“雲の門”では男女の別はなく、組織の長を女が務めたことは何度もあったようだ

 それも、いまは昔

あなたも好きかも:パチスロ エウレカ ゾーン
 様々な原因で落ちぶれた“雲の門”は、その勢力を極限にまで低下させ、帝国南東部、方面でいえば第四方面の都市エランラム近郊の漁村に拠点を構え、そこに集う数十名の構成員を持つ極めて小規模な組織に成り下がっていた

ラーゼンが、帝国全土に勢力を誇ったという話をただの誇張としか受け取れなかったのも、それが原因なのだ

 彼が最初に“雲の門”の拠点として案内されたのは、漁村近くの磯臭い洞窟であり、とてもかつて帝国全土を震撼させた組織とは思えなかった

そういう夢を見、妄言を吐いているだけではないか、と、思うのは当然のことだろう

ネミア自身、自虐していたものだ

しかし、ネミアは、そうはいいながらも、組織の再興に情熱を燃やし、人生を捧げてもいた