黄門 様 スロット

黄門 様 スロット

 大それた連中だが、この混乱時に何かを企んでいるのならばそれを暴いてやるのもリルベの統治を任された者としての責務だろう

 現れたのは若い青年、黒い髪に黒い目と非常に珍しい風貌だ

 伝承に聞く魔族なのではとさえ思ったが、明らかに動きが素人

 内在する魔力も子供と同程度……いやそれ以下だろうか、実力を隠し秘めている感じではない

 青年は多少そわそわした様子だが、この偽物の依頼状に多少なりとも自信はあるのだろう

あなたも好きかも:十三 パチンコ店
 そういった顔つきをしている、ならばその自信を砕いてやるとしよう

「私がリルベ領主、トラッファー=トクサドだ」「トクサド卿と呼べばよろしいですか?」「それで構わん

さて、単刀直入に尋ねよう、このリルベに何の目的で現れた?」「兵士達にも説明したのですがね

あなたも好きかも:パチンコ まどか ハマり
そちらの手元に依頼状がある筈ですが」「これのことだな?」 そういいながら先ほど没収した依頼状を青年に見せる

 青年は頷く、私はそれを開き大まかに読み上げる

あなたも好きかも:大船 パチンコ屋
「現在発生している魔物の襲撃に対しユグラ教クアマ支部のセラエス大司教からユグラ教本部へ救援要請があった

それを受けたユグラ教本部はその対応としてこの依頼状を持たせた者をクアマへと正式に派遣することとした……意味が分からんな」「依頼状の通りと思いますが」「黒い髪に黒い目の怪しい男に、いかにも裏社会で生きていそうな男を送りつけることが魔物の襲撃になんの役に立つというのだ?」「彼は腕の立つ男ですから、『私』は交渉役ですよ」 報告ではもう一人の男は非常に危険な気配がするとのこと、それなりの実力者なのだろうがこちらの男の言葉には従っている

 こちらの男が恐らくは頭脳担当といったところだろうか、確かに頭は回りそうだ

「だがやはり信じられんな」「依頼状にはきちんと法王様の署名もあるでしょう?」 確かにこの依頼状には法王様の署名が書かれている