アナゴ スロット

アナゴ スロット

ほんと」と言いながら、素早く四つに折れた機械槍を集めて、セイが渡してくれた布袋に詰める

「よし、ガルゴム城に向かうか」「そうだな

城をまだ破壊してないしな

あなたも好きかも:パチンコ リバーサイド
あいつらも気になる」頷いたセイの手を握って、二人で飛んで山上のガルゴム城まで飛んでいく

あなたも好きかも:パチンコ 平日 昼間
壁の高いその堅城は、やけに静かだった

裏門の前に立って、二人で様子を見てみる

「おい、タカユキ、人の気配がまったくしないんだが……あ、門の上に」セイが裏門上を指さすと、灯火に照らされて、タガグロが手を振っていた

よかった

あなたも好きかも:パチスロ ガンダム3
無事だったらしい

セイと共にそこまで飛んでいく

「たっくん、大丈夫やった?あの機械竜倒したんやろ? うちも行こうとしたんやけど、にゃかが任せとけっていうてな……」「うん

機械槍はぶっ壊れたけど、俺たちは無事だな

 タガグロたちは怪我無い?」折れた機械槍が入った布袋を見せる