梅田 パチンコ バイト

梅田 パチンコ バイト

村……? 彼女の指差す方には、かすかに見える木々の濃い緑以外何も見えない

尤も、彼女の視力が獣並みであることは先の健康診断で分かっていた事だ

あなたも好きかも:四街道 パチンコ コロナ
一目散に駆け出した彼女を信じて……信じずとも手を引かれているので、僕も全力で走り出した

 しばらく走ると、確かに遠方に村か人里か……集落と言うべきか、林に身を隠す様に集合した家々が見えた

その周囲を囲うように広がる田畑と、もう少し近付けば、獣避けだろうか、柵のみたいな物も見え始める

あなたも好きかも:岡山 真庭 パチンコ
「ほら! 言ったじゃない! なんとかなるもんなのよ、大体のことは!」「わかっ……分かったから! 一回ストッ……」 更にギアを上げて彼女は軽快に草原を駈けぬける

まるで短距離走の様な走り方だが待って欲しい

まだ、村は、遠くに見えただけだ!「本っ……本当にスト————」「っ? アギ——」 爽やかな緑一色の草原にサンドウィッチだったものがブチまけられた

そして僕は力無くその柔らかな大地に全身を預ける

はっきり言おう

あなたも好きかも:仕事中 パチンコ
このままでは殺される

「げほっっ……ぅうっ……げっ……おええぇ…………」「ご、ごめん

ほら、元気元気……じゃないわね

ごめんなさい」 横になるとこみ上げてくる朝食に、僕はたまらず重い体を起こして四つん這いの格好になる

もうやだ……走りすぎて吐くなんて小学校の運動会以来なんですけど……? 申し訳なさそうに僕の背中をさする彼女を睨む余裕も無く、僕はひたすらに吐き気と手足のしびれと格闘し続けた

「…………ごめん、ちょっとだけ手止めるね」 心地よいペースで背中をさすっていた暖かく小さい手が離れていく

こうなった原因でもあるのだが、やはり惜しくなって視線を向けると、そこには拳を握って周囲を警戒するミラの姿があった