グラブル カジノ ツール スロット

グラブル カジノ ツール スロット

「印税」とは元々「紙の書籍を一部刷ったときに、書籍の後付に貼る印紙にかかる税金」のことです

これが「書き手に対して支払う一部あたりの著作物使用料」を指すようになりました

 たとえば定価1,000円(税抜)の書籍を1,000部刷ったとき、「印税率」が10%!な(MISSING)ら「1,000円×1,000部×10%!」(MISSING)となり「10万円」が「印税」として書き手に振り込まれます

これも「賞金」で話したように、前もって源泉徴収されるか、源泉徴収されずに書き手が確定申告をしなければならないかで、振り込まれる金額に差が生じるのです

 ちなみに現在は「印税率10%!」(MISSING)は売れっ子の書き手にしか支払われず、プロデビュー組や底辺層は3〜5%!程(MISSING)度だと言われています

つまり5%!な(MISSING)ら定価1,000円(税抜)を1,000部刷ったら「印税」は「5万円」前後です

 あなたはここで違和感を覚えませんか

 きっと「プロの書き手になれば印税生活でウハウハできる」という夢を見ていたことでしょう

あなたも好きかも:愛知 カジノ
 それなのに「10万円」や「5万円」という数字を見せられました

 これは「1,000部刷ったとき」で計算しているからなのです

 一般的に初めて「紙の書籍」化された際、5,000部からスタートすることが多いと言われています

あなたも好きかも:勝ち やすい パチスロ 機
 そうなれば「印税率5%!」(MISSING)なら「25万円」がもらえるのです