大宏 パチンコ

大宏 パチンコ

「渦波様、随分と無理やりな手段でやって来ましたね

わたくしと話し合いがしたいと入り口のグレンに言えば、案内する手はずになっていましたのに……」「ノスフィーは僕とファフナーを戦わせたかったようだけど、遠慮しておいたよ

それだと余りに時間がかかるからね

そういうのは後にしよう」「ふふっ、そうですか……

あなたも好きかも:キャッツアイ パチンコ パスワード
それは残念です……」 ノスフィーは予定が崩れたことを理解して、その懐から本を取り出す

あなたも好きかも:設定 パチンコ おすすめ
ぱらぱらと頁を開き、眺めつつ、その身の魔力を強めていく

「ということは、渦波様はこの『経典』を無理やり奪うことを選んだのですね

『光の理を盗むもの』であるわたくしと真っ向から戦うことを選び――」「違う

僕は戦いに来たんじゃない」 確かに『経典』はラグネの傷の回復のために必要だ

あなたも好きかも:ヴィーム柏崎店 パチンコ
 だが、それが一番の目的ではないと伝える

 すぐに僕はすべきことする

「ノスフィー……

遅いけど……本当に遅いけど、僕は謝りに来たんだ

千年前、僕はノスフィーにやってはいけないことをした

言ってはいけないことも言った

その責任を忘れようともした

それを謝りに来た」 剣もなく魔法もなく、一歩踏み出して言葉をかざす