糞台 スロット

糞台 スロット

Bloggerの推奨事項:

  • パチンコ 甘い
  • 北斗修羅 期待値
  • パチスロ北斗の拳 修羅の国篇
  • さかさ撮り
  • 大都 パチスロ
  • 第一王子としての地位は確固たるものだったが、それでもヴェンツェルは子供の頃は、あまり体が丈夫ではなかったからな

    堅牢な契約と守護が必要だったと」その返事に呆れた顔をすれば、人の良さそうな火竜は困ったようにこちらを見るのだ

    「あいつ、…………さては恥ずかしがったな」「ヴェンツェルが………?」それは友の秘密なのかもしれない

    あなたも好きかも:アカメが斬る スロット
    だが、秘しておくのが美徳という訳の内容ではなく、寧ろ言った方がこの竜が喜びそうなので、アフタンは伝えておくことにした

    あなたも好きかも:東京 パチンコ 優良店 釘
    立場や力などではなく、心で欲したのだと言ってやった方が喜ぶだろうに、ヴェンツェルは恥ずかしくて言えなかったようだ

    「ヴェンツェルがあんたと契約したのは、勿論、あいつが話しているように王宮内での立場や権力の安定をはかる意味もあった

    …………でもな、子供の頃に王宮で聞いた火竜の王の話が最初のきっかけだ

    友人の国を攻め滅さねばならずに戦後に自死した火竜の王がいたと知り、その悲しい物語を知って子供心に胸が痛んだらしい

    火竜がそんなに優しい生き物なら、その王だけが会いに行っていたという弟竜は、きっと一人で封印の塔に残されて寂しいだろうと胸を痛めた

    だから、自分が会いに行けば、その火竜は一人ぼっちの自分の友達になってくれるだろうかと小さいあいつは考えたらしい

    あなたも好きかも:八王子 パチスロ 優良 店
    だからあいつの子供の頃の夢は、伝説の火竜と友達になることだったんだと……」そんな真実を明かされ、ドリーという火竜は目を瞬いてから、ちょっとすまないと一言断り、片手で目元を覆ってしまった

    「………さてはあんた、泣いたな?」「…………素直でないことが多いが、やはりヴェンツェルは優しい子供だな

    俺は、…………あの子の声で目が覚めることが出来て、本当に良かった」「ヴェンツェルもそう思ってるさ

    あんたと契約してから、あいつの手紙には安堵や愛情が滲むようになった

    ニケも孤独だったが、あいつは愛情の在り方を知ってはいた