バサラ スロット

バサラ スロット

Bloggerの推奨事項:

  • パチンコ スリング
  • 潰れ た パチンコ
  • シバター来店
  • 瀬田駅
  • パチスロ リゼロ モード
  •  成人男性の三倍以上はあるだろう攻城用兵器でもある巨大なハンマーを振り下ろした女性は、衝撃により周囲の家屋が崩れ砂埃を更に立てるのに顔を顰めつつ、外したと小さく背後の男に呟いてから右手だけでひょいとハンマーを持ち上げた

     ――いや死ぬでしょ、直撃なら

     砂埃から抜け、家屋を足場にしてミヤコは逃走を既に開始している

    あなたも好きかも:パチンコ cr 牙狼
     見かけからは決してわからないあの腕力はおそらく巨人族(オーガ)の血が流れているためだろう

    この大陸では珍しくもないらしい

    あなたも好きかも:スロット まじか
     空中、不意打ちの形で振るわれたあのハンマーを生身のミヤコがどう避けたのか――それは実に簡単なことで、そもそも空中で身動きが取れなかったのだから、何もしなかっただけだ

     もちろん他の回避方法もあったが、この状況でそれを使うことをミヤコは自身に許してはいない

    あなたも好きかも:ファフナー エグゾダス スロット
    つまり大きすぎるハンマーは攻撃力という点では凄まじいものの、発生する空気抵抗も大きく、的確に狙おうにも点である自分は空中で動いている最中であり、振り下ろされればハンマーの接地面は空気をハンマーの側面に送る形になる

    ならばこそ何もしなかったミヤコは風圧により外側へと流され、結果として回避できたと、そういうことだ

     理屈は空を舞う木の葉を切ろうとした時、刃の分の空気抵抗が揺れる葉を動かしてしまう――という現象を拡大したようなものだが、しかし、わかっていてもできるものではない

     莫大な危機が眼前にあるのにも関わらず全身の力を抜き、ただ流れに任せる

    よほどの確信と覚悟がなければできるものではあるまい

    いやあったとしても、その決断力は驚嘆に値するはずだ

     連携が取れているんだなと、ミヤコは思う